JAPANESE STYLE EXTERIOR

ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
■ デザインについて
・和風外構は、旧来の日本特有のエクステリアであり、多くは純日本的住宅に合わせて設計されることが多く、石積みを使ったり、竹垣などで目隠しをし、門の入り口には数寄屋門や縦格子の引き戸などを用いることが多いとされています。主庭やアプローチにも、素材としては石を使った、敷き石や飛び石などを用い、お庭には景観用として、景石を用いることもあります。景石と和風の植栽(松の木など)を合わせて、ごくごく自然な風景を作り出すことが和の真骨頂となります。


■打ち合わせについて
・立地条件、周囲の環境(道幅など)、実用性、デザイン性などのを
 踏まえて、トータル的に考える。
・過去の施工事例をご覧頂き、お客様にわかりやすくご説明する。
・お客様にしっかりとご理解・ご納得して頂くように心がけている。
・外構の手入れや植栽のメンテナンス時期などをどのようにしていくかを説明。

■ご提案について
・パースにおこす。
・何をすれば良いのかを決めかねているわお客様に対して、
 家族構成(自転車の有無)・趣味嗜好・生活リズムを踏まえて、
 実用性(バリアフリー・駐輪場の位置・駐車所の位置)とデザイン性の提案を行う。

■技術力について
・試行錯誤をしながら施工している。
・お客様の物件で施工する前に、何度も試作を行った上で提案している。

■施工で注意している点について
・きめ細かいところの気配り
・丁寧
・外構工事にもかかわらず、建築同様、ミリ単位の施工を行っている
・近隣住民様に対する気配りを行っている
(ほこり・ごみ・騒音・近隣住民様へのご挨拶など)

■施工期間について
・施工期間を守るというのは当然ですが、それ以上に、丁寧な施工で
お客様にご満足頂けるものをご提供するということを第一に考えている。

■使用素材について
・和風庭園同様、自然の素材(石・植物・砂利・築山・竹材)など
・一流メーカーの取り扱い
・予算に合わせた素材のご提案
・夜のライトアップのプロデュースが可能(和テイストと照明器具)

■金額について
・詳細な見積もりの提出
・金額以上のご満足をご提供

■施工期間中について
・安全の確保
・近隣住民への配慮
(ほこり・ごみ・騒音・近隣住民様へのご挨拶など)
・新築ではないお客様に関しては、お客様のご負担とご協力を最小限に抑える

■アフターフォローについて
・施工後に、万が一問題が発生しても迅速かつ、丁寧な対応を行う